子どもに読みたい絵本ブログ

育児や絵本の情報を発信していくブログ ゆる〜く楽に子どもと一緒に楽しめる生活を目指しています

オススメ絵本(16)14ひきのあさごはん

 

こんにちは

 

今日は絵本のご紹介です。

私は全然興味がなかったけど、なぜか家にあるので読んでみた絵本です。

 

 

 

今日の一冊

 

f:id:xxxooorest:20190219214254j:plain

 

14ひきのあさごはん

 

いわむら かずお

 

童心社

 

対象年齢

3歳〜

 

 

どんな内容?

 

おとうさん、おかあさん、おじいさん、おばあさん、そして兄弟たちの14匹家族のねずみたち。

朝起きるところから始まり、朝起きて顔を洗って、のいちごを取りに行ったり、スープをつくったりとねずみの家族たちの1日のはじまり、朝の一コマを切り取ったお話です。

 

 

 

紹介

 

”14ひき”シリーズの絵本の中で一番人気の絵本です。14ひきのあさごはんは126万部売り上げている名作です。

 

私が子どもの頃からこの絵本があるので、もちろん読んでもらったことがあるのですが、私自身は当時あまり興味を持てなかった絵本です。

 

しかし大人になって、読み聞かせをするようになったときにびっくりした点があります。

 

それは絵が細部まで細かく描かれていて綺麗。

色使いや小さな草の影まで作り込まれていて魅了するものがあります。

 

見開きで描かれているねずみさんたちの家、家の周りの風景の描写がとても繊細で見惚れてしまいます。

 

f:id:xxxooorest:20190219220148j:plain

 

 

 

 

絵本を読み聞かせた時の子どもの反応

 

長女が2歳のときは、この絵本をじーっと眺めるだけでした。

しかし、3歳になって読み聞かせをしてみると、ねずみの子どもたちが一人一人何をしているのか声に出して言ってみて楽しんでいます。

 

f:id:xxxooorest:20190219214353j:plain

 

 

 とくに右下の男の子にっくんがホタルブクロの帽子をかぶっている様子が好きで、にっくんの様子をページごとに見比べています。

 

14ひきのあさごはんは、「お寝坊さんはだ〜れ?」といったように、問いかけてくるような文章なので、自然とねずみさんたちが何をしているか探したり、他の子はどんな様子かみてみたりしやすいようです。

長女は色々な発見をして読むたびに色々なねずみさんの様子を教えてくれるので、この絵本自体に興味がなかった私ですが、楽しく読んでいます。

 

子どもの方が視野が広いので、私や夫が気がつかないことも簡単に気づきます。

一緒に絵本を読むとびっくりさせられ、絵本を通して、子どもに教えてもらうことが増えたなぁと思います。

 

 

 

ここまで読んでくださってありがとうございました。

 

次回もまたおたのしみに!