子どもに読みたい絵本ブログ

育児や絵本の情報を発信していくブログ ゆる〜く楽に子どもと一緒に楽しめる生活を目指しています

オススメ絵本(15)どうぶつのおやこ

今日はネコの日。猫の日

猫の日にちなんで表紙のネコの絵がとっても素敵な絵本を紹介します。

 

 

今年は去年に比べて暖冬なので公園に連れて行ける機会が多くて子どもたちも喜んでいます。

けれど外を出歩くとやはり寒いのかネコを見る機会がなく残念に思います!

 

 

 

 

 

 

今日の一冊

 

f:id:xxxooorest:20190220212232j:plain

 

どうぶつのおやこ

 

薮内 正幸さく

 

福音館書店

 

対象年齢

0歳〜

 

 

どんな絵本?内容は?

 

この絵本は絵だけの絵本です。

さまざまな動物の親子の様子を描いた本です。

とても細かいタッチで描かれており、最初は、これ本当に絵なの?と疑ってしまうくらい写真のようにもみえます。

素敵な絵本です。

 

f:id:xxxooorest:20190220220625j:plain

 

 

 

 

紹介

 

 

この本は1966年11月に初版が出版されています。

作者の薮内正幸さんは動物の挿絵や図鑑の絵なども書いています。

また、2004年に開館した薮内正幸美術館は日本で唯一の動物画専門の美術館です。半期ごとに作品を入れ替えて展示されているようです。

近くに行ったとき是非いってみたいですね。

 

yabuuchi-art.jp

 

 

絵本をみせたときの子どもの反応

 

長女も次女も赤ちゃんの頃からみせています。

とくに大きな反応はないですが、白地にかかれたリアルな動物の絵なので動物の絵をじーっとみているのがわかりました。

 

1歳になりおしゃべりができるようになると、本をみて、さる!ぞーう!ねーこ!

といったように動物の名前を指差して楽しんでみています。

 

ライオンやクマなどの絵はお母さん一人に対して赤ちゃんが何匹もいる場合があります。

月齢が進むにつれて、そういった違いがわかるようになり、気がついたことを教えてくれるようになるので、子供の成長を少し実感できました。

 

 

 

ここまで読んでくださってありがとうございました。

また次回もお楽しみに