子どもに読みたい絵本ブログ

育児や絵本の情報を発信していくブログ ゆる〜く楽に子どもと一緒に楽しめる生活を目指しています

ポイントは3つだけ!絵本好きが教える、絵本の選び方

 

 

 

こんにちは。

絵本は本当に子どもにとっていいことづくめです。

今日は、私がどのようにして絵本を選んでいるのか、ご紹介したいと思います。

 

 

 

 

 

絵本を選ぶコツ

 

f:id:xxxooorest:20190207104810p:image

 

 

絵本の読み聞かせって、どうやってすればいいんだろう。

何を読ませたらいいんだろう。

 

こんなにたくさん絵本があるから迷っちゃうな。

 

と思います。

 

何を選んでいけばいいのかまず紹介していきます。

 

 

1好きな絵本を読む

まずは、自分が好きな絵本を読むべきです。

絵本も揃えると決して安くないものなので、図書館で借ります。

図書館にはいろんな絵本があります。

たくさんあるので、何冊かは自分のお気に入りの絵本を見つけることができるでしょう。

 

わたしの場合、図書館に出向いて、パラパラと眺めて、面白そうなだなと思ったものを何個か選んで、自分で読んだり、子供達に読んでみたりしています。

子どもがまだ赤ちゃんという場合だと、赤ちゃんはまだ絵本を選べないので、お母さんが好きな絵本を読んで、楽しそうにしている姿を見て、絵本の世界に入ってくれると思います。

また、ママの優しい声を聞くことによって、赤ちゃんが安心したり、笑ったり、してくれるでしょう。

 

 2子どもが好きな絵本を読む

 

一緒に、図書館に行って子どもが持ってくる絵本を借りるのもいいと思います。

ある程度大きくなってくると、これ読みたい!と行った絵本があるはずです。

また、お母さんが気に入った絵本の中から、子どもが気にいる絵本もあると思います。

子どもは 単純 素直なので、一度気に入った絵本は何回も何回も、読んでというと思います。

家事や仕事などすることが色々あって難しいかと思いますが、時間が許す限り私は子どもが気に入った絵本を読んであげています。

私が絵本を読めなくても、「今日はお父さんがいるから、お父さんに読んでもらおうか!」と言って、協力して、読んでもらっています。

 

同じ絵本でも、読み方や雰囲気が変わるので、子どもにとっても刺激ができて面白く感じることだと思います。

 

そこで、好きな絵本、気に入った絵本、何回も図書館で借りる絵本はぜひ、購入してください。

好きな絵本を子どもが読むだけで、脳も発達します。

楽しむことが一番の栄養です。

 

私は、絵本じゃなくても、このような雑誌でもいいと思っています。

 

 

意外と、知育系の迷路やシール遊びだったり、文字を書いてみたり、キャラクターを通して、遊びから学びへと繋がる工夫があるので、楽しいと思います。

桃太郎などの昔話なんかも載っています。

 

何よりお母さんやお父さんと一緒にやることが子どもにとって一番嬉しいことです。

そこで、できたことや、絵本を読めたことを褒めてあげてください。

うまくできなくても、したことに対しての、仮定をぜひ褒めてあげてください。

 

小さいうちに自己肯定感を育むことは大きくなってからの自信や意欲につながるからです。

 

上記の褒めるについては、心理学の観点からまた後日記事にしようと思っています。

 

 

3売れている人気絵本を読む

 

それでも、何を読めばいいかわからないという方。

歴代の絵本売り上げを参考にしてください。

www1.e-hon.ne.jp

 

100万部以上売れている絵本を読んでください。

絵本初心者の方はぜひ、このサイトで紹介されている、たくさん読まれている絵本を手にとってみてください。

 

この中から子どもが好きな絵本がきっと見つかると思います。

図書館にも必ずある本ばかりです。

 

 

まとめ

 

  1. 自分が好きな絵本を読む
  2. 子どもが好きな絵本を読む
  3. 売れ筋の絵本を読む

 

 

いかがでしょうか、ぜひ、図書館に足を運び、お気に入りの絵本を見つけて、購入してみてくださいね。