子どもに読みたい絵本ブログ

育児や絵本の情報を発信していくブログ ゆる〜く楽に子どもと一緒に楽しめる生活を目指しています

オススメ読み聞かせ絵本(4)きんぎょが にげた

 

こんにちは こんばんは

  

さて、今日も絵本の紹介です。

今日の絵本も前回のもこ もこもこ、前々回のぐりとぐらに引き続き、

王道シリーズでございます。

 

 

 

 

 

今日の一冊

 

 

f:id:xxxooorest:20190205101448j:plain

きんぎょが 逃げた

 

”きんぎょが にげた”

 

五味太郎 作

 

福音館書店

 

 

幼児絵本シリーズ

2歳〜4歳むき

 

 

 

紹介

 

この絵本は水槽にいた金魚が部屋中をにげているなんとも単純な絵本です。

ごちゃごちゃとした部屋の中を逃げ回ったり、同じ赤色のものの中に紛れ込んだりときんぎょを探すことに夢中になっちゃう絵本です!

 

文字も少なく、絵がカラフルで目を惹く作品になっていますので、対象年齢のお子様だと一人で読める子もいるのではないかと思います。

 

 

 

子どもの反応

 

金魚が赤くとっても印象に残る作品なので、きんぎょがにげたは0歳の頃から購入し、読んでいます。

 

  • 赤ちゃんが初めて目にする色は赤と黒だということ
  • 文字が少ない
  • カラフルなので、赤以外の刺激を与え脳の発達を促す

 

以上が主な理由です。

 

長女が赤ちゃんの時も、現在0歳の次女も、

ページをめくるごとに赤い金魚を目で追っている様子がよくみられました。

 

お姉ちゃんはたまにこの絵本を持ってきては、

きんぎょがどこにいるのかわかっているのに一人で何回も繰り返し読んでいて、わざと間違えたり、妹に読み聞かせしたり楽しんでいます!

 

簡単な絵本なのに長い間楽しめてよかったと感じました。

 

 

 

まとめ

絵本や学ぶことに対しての姿勢を育んでいくことは幼少期にどれだけ学習に対して楽しめたのかということが大きいと考えています。

 

学歴社会ではなくなっている昨今ですが、将来的にしたいこと、やりたいことの視野が広がるので、勉強や学問をより多くできる子になってほしいと思っています。

勉強=楽しいんだ!

ということを絵本や知育玩具等でことも達に伝えていけたらなと思っております。

 

 

ここまで読んでくださってありがとうございました!

また次回もお楽しみに!