子どもに読みたい絵本ブログ

育児や絵本の情報を発信していくブログ ゆる〜く楽に子どもと一緒に楽しめる生活を目指しています

オススメ読み聞かせ絵本(1)おばけびょうきになる

こんにちは こんばんは

娘たちも早々寝静まってくれたので、第一弾オススメ絵本を紹介したいと思います。

 


 

 

 

 

今日の一冊

 

f:id:xxxooorest:20190202211625j:plain


 

”おばけびょうきになる”

シャック・デュケノワ作

おおさわ あきら訳

ほるぷ出版

 

です!!

 

あらすじ

おばけのアンリが病気になったり怪我をしたり…

あまり書くとネタバレになってしまうのですが(短いお話のあらすじ書くのって難しい)最終的に病院で診てもらうことになって、原因が見つかるのですがその原因は?!

 

 

感想

 

この絵本はデュケノワさん作のフランスの絵本で、おおさわあきらさんが日本語に訳してくださっているのですが、

何とまあこの日本語訳が小気味良い感じでハマってしまいました!

リズミカルに音読できて、読む方も聞く方もワクワクし、おばけを題材にした絵本なのに子どもが怖がらないです!

話もそうですが、絵もおしゃれで可愛い感じです。

みんなでお出かけするときの傘がカラフルだったり、主人公アンリの帽子のデザインが日によって違っていたりと細かいところも手がこんでいて眺めているだけでも面白いです。

アンリという名前なのでフランスの絵本でしょうか。(そうです。)

おしゃれですね〜

 

子どもの反応

 

主人公アンリに成り切って手術を受けるシーンではベットに横になってニヤニヤとじっとして真似しながら絵本を聴いています。

この絵本をきっかけにお医者さんごっこをする機会が明らかに増えました(笑)

絵本などをきっかけにいろんなごっこ遊びを想像して学んでいく姿を見るのは親としても新しい発見がありますね。
 

 ここまで読んでくださってありがとうございました。

また次回もお楽しみに!